読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUNTABI Project

BUNTABI = 文旅 / 偉大な文筆家たちの美しい文章を通じて、過去の日本を旅するProject

老神温泉

場 所:群馬 老神温泉

作 者:若山牧水

作 品:みなかみ紀行

出版年:1924年

季 節:秋

 

これはまたたいへんな所へ湯が沸いているのであった。手放しでは降りることも出来ぬ険しい崖の岩坂路を幾度か折れ曲がって辛うじて川原へ出た。そしてまた石の荒い川原を通る。その中洲のようになった川原の中に低い板屋根を設けて、その下に湧いているのだ。這いつ座りつ、底には細かな砂の敷いてある湯の中に長い間浸っていた。いま我らが屋根の下に吊した提灯の灯がぼんやりとうす赤く明るみをもっているだけで、四辺は油のような闇である。そして静かにして居れば、疲れた身体にうち響きそうな荒瀬の音がツイ横手のところに起こっている。ややぬるいが、柔らかな滑らかな湯であった。屋根の下から出て見るとこまかな雨が降っていた。石の頭にぬぎすてておいた着物は早しっとり濡れていた。

 

 

(一言)

100年前の当時は今ほどに温泉インフラが整備されていなかったのだろう、本書「みなかみ紀行」にはこうした野外温泉がいくつか描写されている。

 

(関連サイト)

老神温泉旅館組合公式サイト

【公式サイト】老神(おいがみ)温泉旅館組合|旅館・ホテルの宿泊検索予約・観光情報