読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUNTABI Project

BUNTABI = 文旅 / 偉大な文筆家たちの美しい文章を通じて、過去の日本を旅するProject

可愛い山

場 所:長野 北アルプス 白馬

作 者:石川欣一

作 品:山へ入る日

出版年:1929年

季 節:夏

 

(引用)

この下山の途中である。ふと北の方を眺めた私は、桔梗色に澄んだ空に、ポッカリ浮かぶ優しい山に心を引かれた。何といういい山だろう。何という可愛らしい山だろう。雨飾山という名は、その時慎太郎さんに教わった。慎足ろうさんもあの山は大好きだといった。まったく雨飾山は、ポカリと浮いたような山である。物凄いところもなければ、偉大なところもない。怪奇なところなぞはいささかもない。ただ優しく、桔梗色に、可愛らしい山である。

 

(一言)

作者曰く、雨飾山は「元より大して高い山ではないし、またいわゆる日本アルプスの主脈とは離れているので、知っている人はすくなかろう」とあるので、当然百名山はランキングされていないのだろうと思ったら、ちゃんとランキングされているのである。深田久弥『日本百名山』の”雨飾山”の項の冒頭は次のようにはじまる。”雨飾山という山を知ったのは、いつ頃だったかしら。信州の大町から糸魚川街道を辿って、佐野坂を越えたあたりで、遥か北のかたに、特別高くはないが品のいい形をしたピラミッドが見えた。しかしそれは、街道のすぐ左手に立ち並んだ後立山連峰の威圧的な壮観に目を奪われる旅行者には殆んど気付かれぬ、つつましやかな、むしろ可愛らしいと言いたいような山であった。私はその山に心を惹かれた。雨飾山という名前も気に入った。”

 

(関連リンク)

長野県小谷村の観光公式サイト

長野県小谷村観光公式サイト|雪と緑と温泉のふるさと、信州おたり|小谷の自然|雨飾山