読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUNTABI Project

BUNTABI = 文旅 / 偉大な文筆家たちの美しい文章を通じて、過去の日本を旅するProject

秋の南アルプス その2

場 所:茶臼岳(静岡/長野)

作 者:新田次郎

作 品:現代の駿河

出版年:1968年

季 節:秋

 

(引用)

霧が晴れた。道が平らになる。ダケカンバの老木の根を踏み越えると、突然前が開けて、そこには神々の楽園があった。一瞬、立止って、姿勢を正して頭を下げたくなるほどの、自然のままの庭園であった。何百年経ったか分からないようなダケカンバの曲がりくねった木々の間に池があった。ひとまわりするのに、何分とはかからないような小さい池だったが、その池に、周囲の紅葉黄葉が映っていた。水は澄んでいた。神々の庭園の主体となる草原の中にミヤマリンドウが咲いていた。

 

(一言)

茶臼岳頂上を過ぎ、そこから少し下ると、とある小さな池のほとりに出た。その光景。

 

(関連サイト)

那須町観光ガイド

http://www.nasukogen.org/trekking/