読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUNTABI Project

BUNTABI = 文旅 / 偉大な文筆家たちの美しい文章を通じて、過去の日本を旅するProject

渋谷

100年前の渋谷 その2

天高く気澄む、夕暮れに独り風吹く野に立てば、天外の富士近く、国境をめぐる連山地平線上に黒し。星光一点、暮色ようやく到り、林影ようやく遠し。

100年前の渋谷 その1

宮益の坂を下りると、あたりがどことなく田舎いなかして来て、藁葺の家があったり、小川があったり、橋があったり、水車がそこにめぐっていたりした。私はそこを歩くと、故郷にでも帰って行ったような気がして、何となく母親や祖父母のいる田舎の藁葺が思い…